収益物件・不動産投資の情報サイト

収益物件とは

収益物件とは、賃金収入という収益を得る目的で購入する物件のことです。収益物件で収益をあげれなければ購入しても意味がありません。それでは、収益を上げるためには、どのような知識やコツが必要なのか紹介します。

公的年金問題などの金銭的不安、団魂世代の定年などが騒がれている中で、だんだんと少子化が進み現役世代が減少してきている一方、独身者が急激に増加し、特に都心部では、単身世帯数の伸びが年々あがってきています
また、バブル崩壊後、不動産価格が下がり、収益物件を購入しやすくなっています。安くで購入できるため、都心部などの物件も手に入りやすくなっているのです。収益不動産を購入する場所としては、その土地や環境に詳しいほうが有利なので、できるだけ自分の住居に近い方がメンテナンスにも便利ですが、多少離れた場所であっても、住居率から考えると利用者が多い地域・場所を選ぶのも一つの手段になります。都心部に近いほど賃貸物件の利用が多く、空室を回避することができるのです。できれば継続して70パーセント以上の入居率があるのが理想的です。また、駅やバスなどの交通アクセスが良い、周辺に病院やスーパーがあるなどの利便性も重要になります。

収益物件の種類としては一棟売りのアパートや賃貸マンション、貸家、テナントビルなどがありますが、初めて購入するのであれば、利回りが高いアパート物件が良いと思います。

新築物件と中古物件のどちらが収益物件として良いのでしょうか。新築物件は、中古物件と比べて物件の購入価格が高額であり、既に建設されているものでなければ、建設日数がかかり、その間の建設期間は家賃収入が見込めません。建設後は新築という付加がついているので、最初は家賃を高く設定しても入居率は良いでしょうが、2回目以降は入居者にとって新築という利点がなくなるので、家賃を下げざるおえないという可能性が出てきます。一方、中古物件は不動産物件の購入価格が安く、購入後すぐに賃貸が始められるので、すぐに家賃収入が得られるという利点があるのです。利回りから考えると、築10年前後の物件で、立地条件の良いものを購入するといいでしょう。

収益物件を購入する際は、中古物件を購入するためリフォームや修繕などが発生することは避けられませんが、購入する際にできるだけ内装は綺麗なものを購入する必要があります。このように新築物件と中古物件とでは、新築を購入するだけの充分な価値と運用益が見込まれる場合を除いては、中古物件を購入するほうが無難だと思います。


recommend

サッカーユニフォーム・フットサルユニフォームのチームオーダー専門店。全品25%OFF!人気のアディダスやナイキなどサッカーユニフォームやフットサルユニフォームの有名ブランド商品正規取扱店。

オリジナルジャージ

ガラスコーティング剤販売サイト、カーピカイズムでございます。

ガラスコーティング剤

結婚式の二次会の演出はプロにお任せ!二次会幹事代行サービスならゲスト全員が楽しい思い出を作る事ができます。

結婚式 二次会 東京

携帯、スマホ(スマートフォン)の買取や、白ロムの高価買取はララショップにお任せください!「店頭 買取」ならその場で現金化、「郵送買取」ならあなたの都合に合わせていつでも買い取りいたします。

白ロム 買取

ゼロから始める初心者のための楽器通販サイト。入門用エレキギターセットも大好評販売中

楽器 通販

コピーライト